スマホコーティングマイスター
TOP > ニュース一覧 > ガラスコーティングについてのご説明

ガラスコーティングについてのご説明

スマホコーティングマイスターをご利用いただくにあたり、

ご理解いただきたい内容をまとめております。

ぜひご一読ください。(画像の下に文面も掲載しております。)

1.ガラスコーティングは目に見えない薄さで、施工アイテムの上に載ると同時に表面の凹凸の中に入り込み定着します。自然なツヤがでるとともに割れにくくなり、傷もつきにくくなりますが、絶対に割れない、傷がつかないわけではありませんのでご理解ください。

 

2.仮にコーティング後に傷がついたり、落下し割れてしまった場合は、 コーティング層だけではなく本体に傷、割れが生じています。その場合は 修理などが必要になります。

 

3.コーティング後、完全硬化(9H)まで夏季で最短3日程度~冬季で最長30 日程度をかけてコーティング層の外側から内側へ硬化していきます。 (温度、湿度の影響を受けて日数が変動します。) 表面が決して柔らかいわけではありませんが、施工して日が浅い間は特に 丁寧に扱ってください。

 

4.スマートフォンのコーティングは【片面=ガラス面のみ】【両面=側面・ 背面・カメラを含む全体】となります。スマホコーティングマイスターで はケースを着けるお客様にも、よりスマホが綺麗に使える【両面】をおすすめさせていただいております。

 

5.手帳型のスマホケースをお使いの場合、内側にカード類を入れている方 はご注意ください。閉じているときにカードと画面が接触し、移動中の細かい振動によりコーティングが部分的に取れてしまうことがあります。

 

ニュース一覧に戻る